慢性の悩み、目の下のくまをクリニックで改善

顔に注射するだけに様々調査を重ねる

kuma

初めての体験、注射専門のクリニックへ!いろいろな雑誌や本を読み漁り(やはりネットの情報だけだと心配で、美容系のガイドブックや雑誌を結構読みました)、結局選んだのは、注射治療で目の下くまを改善するというクリニックです。
外科手術はナシ、と決めたうえでそこを選んだ理由はいくつかあります。
1.ダウンタイムがほとんどない方法だということダウンタイムとは、腫れや出血、痛みなどでその部分を隠さなければならない期間のこと。
程度によっては人前に出たり会社に行くのがむずかしかったりもします。
この方法は、そのダウンタイムがほとんどなく、注射後すぐでも日常生活を続けることができます。
また、これは仕上がりがとても自然で、劇的に「顔が変化する」ほどではないということも意味します。
フルタイムで働いている私にとっては、これがいちばん重要でした。